2019年04月07日

ムッシュ公式サイトボリュームアップ

ムッシュ公式サイトの方も随分コンテンツアップしてます。
favorite goodsコーナーではギターやクルマ遍歴、衣装など閲覧出来ます。

ご縁のあった方々へのインタビューも1か月半に1人位の頻度で増えていきます。
最新では生前バンド活動を一緒に行ったブルースザブッチャーのVo永井ホトケ隆さんの素敵なお話がアップされてます。
どうぞご覧下さいませ。
https://monsieur.jp
  • 20190407115301986.jpg
posted by TAROかまやつ at 11:53| 東京 ☀| 父の死 | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

麻布十番のムッシュ墓にデジタル芳名帳設置

麻布十番 賢崇寺の両親の墓にデジタル芳名帳を設置しました。
左側にQRコードのホルダーが設置してありますので、
スマホをかざし読み込むとお名前とメッセージが送れます。
ムッシュへのメッセージ等よろしかったら!
  • 20190331095803727.jpg
posted by TAROかまやつ at 09:58| 東京 🌁| 父の死 | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

57-57のミニ カントリーマン

父親が昔乗っていたこげ茶のミニクーパー カントリーマン ナンバー57-57。
写真家の立木義浩さんが乗ってたのを無理言って譲ってもらったという、
木があしらわれた何とも可愛らしいワゴン。。
子供の頃の記憶に強く強く刻みこまれてます。 
塗り直す前は白だったのも覚えてる。
父の後にいとこの森山良子さんが受け継がれ、
更に直太朗に引き継がれたのまでは知ってましたが、、
なんとなんと今も元気に街を走ってるとの事!! 
それも今も同じナンバー57-57。。  
なんだか嬉しいですね。
古い車を大切に大切に乗ってくれてるんだろうな。。
街で出会ったらうるうる来てしまうかもしれない。。
頑張れカントリーマン!
1枚目=現在の写真  2枚目=父が乗ってた頃
  • 20190223104240076.jpg
  • 20190223104251669.jpg
posted by TAROかまやつ at 11:03| 東京 ☁| 父の死 | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

ムッシュ初の公式サイト開設

ムッシュかまやつが残していった78年の足跡を、
愛してくださった皆さんと共有していただけるよう、
11/30に
" Monsieur Kamayatsu Forever"
というムッシュ初の公式サイトを立ち上げました。

こちらを父が生存した確かな証になるよう、
皆さんと一緒に進行形のサイトとして育てていけたらと思っております。
どなたでも新たな情報などがございましたらサイト内contactより一報頂けますと幸いです。

なお、
当サイトは父のお仲間だった方々の父へのあふれる愛情により運営されています。
ディレクター前田tadさん、デジタルM工房森山あつ子さん、
インタビュー菅野聖さん、ケイダッシュ大野豊和さん、
資料ご提供中村俊夫さん、ナノメディア白石さん、
第一回インタビューに答えて下さったギタリスト横内タケさん。
皆様に心よりお礼を申し上げます。
  • 20181203193447534.jpg
posted by TAROかまやつ at 19:37| 東京 ☀| 父の死 | 更新情報をチェックする

2018年09月30日

それは2015初夏から始まった

2015年初夏のクソ暑い時に母が自宅で倒れ緊急入院。
運び込んで数日は生命も危ない状態といわれ。。
何とか持ち直したのもつかの間、父が行きつけのクリニックで黄疸が出てると言われ、大学病院で精密検査。
膵臓に癌が見つかり、即入院となりました。

同時に両親が別の病院に入院というのは一人っ子には結構厳しいものがあり、、
効率が悪いので母がかなり回復した所で同じ病院に転院させました。。笑

病室での父は退屈で退屈で、それはそれはよくメールをしてきました。

まさえさん(母親)大丈夫か?

ピアノ弾きなさい!オジ(僕にピアノを仕込んだ黛敏郎さん)に悪いぜ!

ピッコロ(こよなく愛した麻布十番のItalian)の肉が食いたい。。

音楽用の補聴器調査して!

あと、暇過ぎて普段見向きもしない甲子園を見てるらしく、
早実清宮君が1年生で颯爽と本塁打を打つのを"凄いねぇ。天才だ"と言ってたのも思い出します。
まぁ野球好きの僕に話を合わせてたのかと思いますが(笑)

見舞って帰る時に僕に必ず言ったのは
「あなたもダブルで大変だねぇ、太郎まで倒れたら終わるからよく休んで」。

9月頭に手術。取り敢えず取りきったと説明を受けましたが、
消化器は転移しやすいという事も知らされました。
10月中頃に退院、自宅で徐々に徐々にリハビリ〜ステージ復帰。
定期的に検診に行くという生活に入りました。

<1枚目>最期の愛車ABARTH 695 Tribute Ferrariをギリギリまで楽しんでました。 連れられて試乗に行った時、子供みたいにワクワクしてました(笑)
<2枚目>手術後ステージ復帰して初テレビ。NHKかな。。僕も心配でオンエアcheckしました
  • 20180930191854253.jpg
  • 20180930191922314.jpg
posted by TAROかまやつ at 19:44| 東京 ☁| 父の死 | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

父母への最期のプレゼント

亡くなる前のクリスマスに、家族のプライベートで撮った写真だけを集めた
アルバムを二人の為に作りました。
タイトルは「Three of us」。

母は亡くなるまでの2ヶ月、宝物の様にいつもそばに持っててくれました。
小さい頃は貴方可愛かったのよねとか言いながら。。今はどうなんだ。。

父は「貴方の最高傑作だ」と(笑汗。。)、
「こういう家族が確かに存在してた証だね」と。。
想像してたよりずっとずっと喜んでくれました。。意外でした。
晩年過ごした良子ちゃん宅で、懐かしそうに何度も何度も眺めてたそうです。

3部作った内の1つは向こうで二人で眺めて欲しくて父のお棺の中に入れました。
2部増刷して、お世話になった良子ちゃんとムッシュの妹のグングンにもプレゼントしました。
  • 20180916091554283.jpg
  • 20180916091559967.jpg
  • 20180916092317748.jpg
posted by TAROかまやつ at 09:19| 東京 ☁| 父の死 | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

両親が亡くなって1年半

お久しぶりです。
両親が昨年2/23、3/1と寄り添う様に旅立ってから1年半が過ぎました。
一人っ子なのでそれはやる事が多く、それもすべて最初で最後の事。
想像以上にせわしい日々でした。

2つの葬式の喪主に始まり、2人分のお香典返し、あらゆる行政手続、
父のお別れの会、相続の税理士相談及び手続、音楽著作権の承継手続、
誰もいなくなった実家の46年分の遺品整理と片づけ、、
そして、、最後のミッション 墓の移管と建立、納骨を今年4/15終えました。
お墓にはムッシュの父であるディーブさんと母親、
戦時中に疎開先で生まれて間もなく病気で亡くなったムッシュの妹、
そして両親の5人が眠っています。

場所は麻布 賢崇寺(けんそうじ)。
東京都港区元麻布1-2-12 TEL:03-3451-2351

父親がまだ元気な頃に、小平まで遠くてそう行けないから調査してと言われてた麻布十番にある墓地。
なんか縁起が悪い感じがして放置してたんですが、あれよあれよと両親共入る事になり。。
麻布十番と、人が集まる所が好きだった父親の最後の希望をかなえる事にしました。
石も新しいものにし、小さいけどムッシュらしい可愛い墓が建ってます。
是非会いに行ってあげて下さいませ。

これから気が向いた時に、この1年半に父親がらみで出会ったり思ったことを書いていこうと思ってます。
それと、両親が同時に病気になった事で、しばらく休んでた人前での演奏も、今年に入ってから少しづつ再開しました。
その辺の事もまた!

  • 20180907100002298.jpg
  • 20180907100038780.jpg
  • 20180907100050958.jpg
  • 20180907100130705.jpg
  • 20180907100221805.jpg
posted by TAROかまやつ at 09:09| 東京 ☀| 父の死 | 更新情報をチェックする